介護保険の請求ソフトの導入

介護保険事業を行う事業所にあっては、確実に請求を行うことと確実に領収をすることが求められますが、請求に当たっては専用の請求ソフトの利用を行うのが一般的です。介護保険における利用者の属する保険者へは、専用のソフトが国民健康保険団体連合会から伝えられ、それを利用すれば伝送にて処理が可能な一方、個人の利用者に対しては請求ソフトを別途用意しなければいけません。



無論、紙ベースで請求を行ってもよいのですが、間違いが発生しやすいこともあってあまり好まれていないのが現状です。


余程の中小企業などで、介護保険の請求ソフトの導入が難しい場合に限られている現状があります。


この介護保険の請求ソフトで注意を要するのが、制度の改正です。

介護報酬の変更は頻繁に行われますので、請求ソフトがそれに対応しないと正しく処理が出来ません。

様々な毎日新聞関しての情報探しを行うならネットが便利です。

これでは電算の導入意義が薄れてしまいます。


人力で処理を行った方がよほど正しく処理出来るということになりかねませんが、利用者の数が多いと手で処理をするのは困難となります。

したがって、電算での処理を目指さざるを得なくなるわけです。

今後、制度の変更も含めて頻繁に改正が行われていくことと、少子化高齢化を背景に保育所との結合を図る動きも出てきています。



より制度が複雑になることは避けられない情勢で、制度変更が行われてもその変更の都度正しく請求が行われるような体制作りを、事業所において求められていくことは避けられない情勢です。